生産者一覧

MOVIE

全箱検査の様子

拡大表示

放射性セシウム濃度全箱検査について

石川町産果実は、平成23年3月に発生した福島第一原発事故により、平成23年度は3割の減収に陥るなど、風評被害により大きな影響を受けました。
そこで、石川町とJA夢みなみ(旧JAあぶくま石川)では、同JAの共同選果場から出荷する石川町産果実(りんご・なし・もも)の全箱の放射能を測定する石川町産果実全箱検査を平成24年度から実施し、これまでに約12万箱の測定を行ってきました。
4年間の検査では、国が定める食品中の放射性物質の基準値である100Bq/kg、検査器のスクリーニングレベルである50Bq/kgを超えた商品がまったくない状況であるなど、この4年間の検査により石川町産果実の安全性が確認されたことと考えています。
平成28年度からは全箱検査に代わり、福島県で実施しているモニタリング検査を実施し、安全性の確認及び消費者に対する正確な情報の提供を引き続き行っています。

平成24年度検査結果(PDFデータ)

平成25年度検査結果(PDFデータ)

平成26年度検査結果(PDFデータ)

平成27年度検査結果(PDFデータ)

このページの先頭へ戻る

JA夢みなみ